CULTURE

Sense of Wonderworks

Mar 13,2013

Sense of Wonderworks

 

世代を超えて楽しめるジュエリー展

“Sense of Wonderworks -New Jewelry Exhibition-”

伝統と歴史を誇る銀座・和光にて2013年3月29日(金)~31日(日)の3日間

世代を超えて一緒に楽しめるジュエリー展を開催します。

今回集まる26ブランドは、その高いデザイン性とクリエイティビティから、 目黒CLASKAにて3年連続開催されている展示販売会「New Jewelry」でも人気を集め、感度の高いお客様にもにも納得していただける技術とクオリティーを誇る、まさにSense of Wonderworks。

貴金属だけではなく、貴石、ガラス、プラスチック、木、布など様々な素材を用いて作られるジュエリーの販売や、 作家やアーティストによるデモンストレーション・ライブプロモーションなども展開し、 直接お客様が作り手本人と交流することでコンセプトや強いこだわりをダイレクトに感じることのできる出合いの場です。

晴れの日の特別なジュエリーを探したいお嬢さまも、日常のジュエリーをお求めのお母さまも、 他とは違う新しいデザインのジュエリーをご覧になりたい奥さまも、 みなさまそれぞれに、そしてご一緒に楽しんでいただけます。

< 会期 >

2013年3月29日(金)~3月31日(日) 10:30~19:00

< 会場 >

和光本館 6階 和光ホール

〒104-8105 東京都中央区銀座4丁目5-11 Tel. (03)3562-2111(代表)

http://www.wako.co.jp

<New Jewelryとは>
New Jewelryは、ジャンルやカテゴリー問わず、新しくクリエイティブなジュエリーを一般のお客様に向けて紹介する展示販売会です。参加するジュエリー作家やデザイナーがお客様と交流し、作品のコンセプトやこだわりを直接伝える事ができるということも特徴で、2010年に開催された第1回には1,200名を、また2011年の第2回には1,700名を超えるお客様が来場、2012年も新たな作家が加入し、盛大に開催されました。各作家のオリジナリティー溢れるマテリアル選びと扱い方、そしてそれらを生かしたアート性・工芸性の高い個性的な作品のラインナップは、ハイジュエリーやファッションジュエリーだけではない、よりパーソナルな関係を結ぶ「コンテンポラリージュエリー」というジャンルとして注目されています。 

CopyRight© ULIFE 2011 All Right Reserved.

ページトップへ