CULTURE

The 501® Jean: Stories of an Original

Apr 01,2016

The 501® Jean: Stories of an Original

 501®ムービー、4月1日(金)18:00〜公開 日本のジーンズカルチャーが世界に与えた影響を追う続編「JAPAN」 5月20日(金)に世界先行上映

 

リーバイス®は、501®が様々なカルチャーに与えてきた影響の軌跡を追う、ショートドキュメンタリームービー3部作「The 501® Jean: Stories of an Original」を、4月1日(金)18:00〜よりWe are 501®特設サイト(http://levi.jp/storiesof501)にて一斉に公開いたします。そして、続編となるエピソード4「JAPAN」を、BIRTHDAY OF THE BLUE JEAN (ジーンズの誕生日)である5月20日(金)に世界に先駆け、日本でプレミア上映いたします。

 

1873年5月20日にブルージーンズが誕生し、1890年にはじめて商品につけられたロットナンバー501®。それは時代とともに進化し、今日も学生からエンジニア、ファッショニスタ、文化人から大統領までが愛してやまないリーバイス®のアイコンです。2016年春、リーバイス®は、501®というキャンバスを通し、純粋に自分らしく生きることについて考え、大切にすることの重要性を訴求するキャンペーン「We are 501®」を始動しました。今キャンペーンでは、「他人の目を気にせず、自分らしく生きている人々」を「#いいね不要」の人々と規定し、その人たちの生き方やこだわりを通して、リーバイス®のもつフィロソフィーを伝えています。

 

本編は、501®にまつわるテーマ「WORK」「STYLE」「REBELLION」の3部で構成され、ナレーションをフォークシンガーのレジェンド、ランブリン\i0・ジャック\i0・エリオット\i0が務め、デザイナーのスティーブン・アラン、リメイクアーティストのダレン・ロマネリ、芸術家ジョン\i0・バルデッサリやスーパーモデル エリン・ワッソン、ミュージシャンのヘンリー・ローリンズやリー・ラナルドなど、自分らしさを体現したパイオニアたちが登場し、それぞれのストーリーを収録したものです。 

 

エピソード1は、ワークウエアとして1890年に誕生した501®のルーツをたどります。リーバイス®は昨年、コーンミルズ社とのパートナーシップ100周年を迎えました。世界で最もアイコニックなデニム工場として知られているホワイトオークは、高品質デニムのグローバルスタンダードとなり、今日もリーバイス®は、コーンミルズ®社のホワイトオーク工場で作られたShrink-to-Fit™(セルビッジ)デニムで501®を作り続けています。エピソード2は、カウボーイライフスタイルの一部だった501®が、ハリウッドスターに着用されスタイルアイコンとなり、現代のデザイナーやスタイルリーダーに与えた影響についてフィーチャーしています。エピソード3は、カウンターカルチャーのシンボルとしての501®を追っています。ビートニクやヒッピー、ベルリンの壁崩壊からLGBTQの権利、社会的な活動とともに、その時代の中心となる人々は誇らしげに501®を着用していました。彼らは、ありのままに、思うがままに、そして自分らしく生きるために501®と通して団結してきました。 

 

そして、3部作の続編となるエピソード4「JAPAN」。このエピソードは、1980年代から2000年代におこったアメカジブーム、原宿カルチャーを経て昇華した日本のジーンズカルチャーが、アメリカと世界に与えた影響についてのドキュメンタリムービーです。原宿カルチャー牽引者やビンテージジーンズ有識者、世界で活躍するデザイナー、そして海外のパイオニアたちのインタビューが収録され、日本でのプレミア上映後、世界に一斉に配信される予定です。

 

CopyRight© ULIFE 2011 All Right Reserved.

ページトップへ